エコスクールとは?

福岡大学資環研が主催し、2009年度から毎年開講している市民の皆様のための環境講座です。
市民の皆様に環境保全を担う一員としての意識を高めていただくことを目的とし、毎回様々な分野から環境問題に取り組む講師を
お迎えし、講義や施設見学を実施しています。

2017エコスクール ~環境修復と資源活用~

講座概要・プログラム

講座日時:平成29年5月〜11月(6月・8月を除く)計5回
毎回のプログラム実施時間は、13:00or13:30〜16:30(予定)です。
バス送迎がある場合は、集合・解散時間を別途ご案内します。

※今年度のエコスクールは終了いたしました。
 ご関係のみなさま、ありがとうございました。

平成29年5月13日(土) >>詳細 終了しました。
【小倉商工会館3F会議室Aにて】
・開講式(主催者・共催者挨拶)
・受講者自己紹介・資環研紹介と廃棄物基礎知識(福岡大学 資環研 所長/樋口壯太郎)
・放置竹林問題と竹の建設への利活用を考える(福岡大学 教授/佐藤研一)

【講座の様子】
第1回 5月13日(土)13:30~16:30 [ 小倉商工会館3F会議室Aにて ]

・開講式(主催者・共催者挨拶)


・受講者自己紹介

◆資環研紹介と廃棄物基礎知識

福岡大学 資環研所長/樋口壯太郎

資環研の研究とその成果について紹介されました。
廃棄物処理について、わかりやすい説明に皆さん、納得の表情です。

◆放置竹林問題と竹の建設への利活用を考える

福岡大学 教授/佐藤研一

竹林問題。最近よく聞くようになりました。この研究を取り巻く熱気が先生の話から
伝わってきます。初めて知る事実も多く、講座時間が短く感じられた方も。

平成29年7月8日(土) >>詳細 終了しました。
【小倉商工会館3F会議室Aにて】
・有明海における干潟再生の重要性を考える(福岡大学 教授/渡辺亮一)
・ドローン撮影による災害廃棄物の体積推計について(応用地質株式会社 花嶋孝生氏)

【講座の様子】
第2回 7月8日(土)13:30~16:30 [ 小倉商工会館3F会議室Aにて ]

◆有明海における干潟再生の重要性を考える

福岡大学 教授/渡辺亮一

親しみのある「あさり貝」をテーマに、わかりやすく、楽しいお話をしていただきました。

◆ドローン撮影による災害廃棄物の体積推計について

応用地質株式会社 花嶋孝生氏

九州豪雨直後のタイミングでもあり、丁寧でわかりやすいお話に、
皆さん熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

平成29年9月9日(土) バス送迎 >>詳細 終了しました。
【北九州市エコタウンセンター別館2FセミナールームD他にて】
・「いま私にできること」避難所運営におけるトイレ(福岡大学/正本博士)
・北九州市における放置竹林の現状と竹材のエネルギーとしての有効利用法について
(福岡大学 助教/麻生裕之)
・施設見学(響灘ビオトープ、実証研究エリア)


【講座の様子】

第3回 9月9日(土)13:30~15:45 [ エコタウンセンター別館2FセミナールームDにて ]

「いま私にできること」避難所運営におけるトイレ
福岡大学/正本博士

最新の情報をもとに、私たちに必要不可欠なトイレについて、発災時の心構え等を
わかりやすくお話をしていただきました。また皆さまの、災害に対する意識の高さも
感じられる時間でした。

北九州市における放置竹林の現状と竹材のエネルギーとしての有効利用法について
福岡大学 助教/麻生裕之

やっかいもののように扱われている竹が、再生エネルギー資源となること、
現在の日本のエネルギー事情、また未来のエネルギーについてなど、
たくさんのお話を熱く語っていただきました。


施設見学(テスエンジニアリング㈱、響灘ビオトープ)
お天気もよく、皆さま、笑顔で見学されていらっしゃいました。

     
     



平成29年10月20日(金) バス送迎 >>詳細 終了しました。 
・生物を使った水質・底質浄化の取り組み(北九州市立大学名誉教授/上田直子氏)
・施設見学(北九州市皇后崎工場、皇后崎浄化センター、洞海ビオパーク、洞海湾)


【講座の様子】

第4回 10月20日(金)13:00~14:00 [ 皇后崎工場3階 見学者室にて ]

生物を使った水質・底質浄化の取り組み
北九州市立大学名誉教授/上田直子
     
洞海湾で行われた実験例を用いて、小さな生物たちが大きな働きで、
環境を修復していく過程をわかりやすく語っていただきました。


施設見学(皇后崎工場、皇后崎浄化センター、洞海ビオパーク)
各施設にて、親切・丁寧なご案内、ご説明をしていただきました。
連日の雨でお天気を心配していましたが、この日は気持ちのよい秋の青空に
恵まれました。今回は、徒歩での移動距離が長く、みなさまお疲れだったと思いますが、
最後の見学まで笑顔と笑い声にあふれた、良い時間が過ごせました。

     
     
     



平成29年11月11日(土) >>詳細  終了しました。
【小倉商工会館3F会議室Aにて】
・廃食用油から造られるバイオディーゼル燃料と副生するグリセリン廃液の有効利用
(福岡大学 資環研研究開発室長/武下俊宏)
・生活の知恵と環境修復(福岡大学 資環研所長/樋口壯太郎)
・質疑応答
・閉講式(共催者・主催者挨拶)

【講座の様子】
第5回 11月11日(土)13:30~16:30 [ 小倉商工会館3F会議室Aにて ]

廃食用油から造られるバイオディーゼル燃料と副生するグリセリン廃液の有効利用
福岡大学 資環研研究開発室長/武下俊宏
 
廃食用油、廃石膏ボードを再資源化する研究について、
難しい専門用語もある中、丁寧に解説していただきました。
地道にひとつひとつ積み重ねられた研究の成果が、
限られた資源の有効利用に大きく貢献している事が学べました。

生活の知恵と環境修復
福岡大学 資環研所長/樋口壯太郎
     
お漬物(塩漬)、どろんこ汚れの洗濯物など、身近なものを例にあげて、
福岡大学の環境修復技術、これからの循環型社会のあり方等を
わかりやすくお話していただきました。

閉講式(主催者・共催者挨拶
     
 
主 催
福岡大学産学官連携研究機関 資源循環・環境制御システム研究所
共 催
北九州市
後 援
NPO 北九州ビオトープネットワーク研究会
NPO 環境技術支援ネットワーク
NPO 環境創造研究機構
会 場
北九州市エコタウンセンター(若松区)/株式会社小倉商工会館(小倉北区)/
各見学先施設など

募集要項

対 象
高校生以上の方で環境問題に興味のある方
受講料
無料(会場までの交通費は自己負担)
定 員
25名程度 (応募者多数の場合は抽選)全5回の内、ご希望の講座日を選んで
受講できます。
募集は終了しました。ご応募ありがとうございます。
福岡大学産学官連携研究機関 資源循環・環境制御システム研究所
〒808-0002 北九州市若松区向洋町10番
TEL:093-751-9975 FAX:093-751-9976
E-mail:sikanken@adm.fukuoka-u.ac.jp

これまでのエコスクール

2016エコスクール

2015エコスクール

2014エコスクール

2013エコスクール

2012エコスクール

2011エコスクール

2010エコスクール

2009エコスクール

PAGE TOP