研究室の概要
 担当教授の中野勝之と助教の加藤勝美、東英子が、教育・研究の指導を行います。2012年度は博士課程前期5名(M2:5名)、博士課程後期1名、と卒論生10名が環境・エネルギー問題と安全工学に関連するテーマに取り組みます。課題の詳細は、こちらをご覧ください。

 
スタッフ

☆☆ 教授 中野勝之(なかの かつゆき)・工学博士 ☆☆
    役職 工学研究科長

専門分野 ・化学工学(化学工学会会員)
     ・触媒工学(日本化学会会員、触媒学会会員)
     ・環境プロセス工学(廃棄物学会会員)

社会における主な活動
     ・厚生省 廃棄物最終処分場よりの硫化水素発生に関する検討会 委員
     ・経済産業省地域インターンシップ全国連絡会議委員(文部科学省、厚生労働省連携)
     ・経済産業省九州経済産業局 九州地域インターンシップ推進協議会 座長
     ・(財)九州産業技術センター インターンシップ・プログラム検討委員会 委員長
     ・福岡県産業廃棄物審議会 委員

 

☆☆ 助教  加藤 勝美(かとう かつみ)・博士(環境学) ☆☆

    ☆安全システム医工学研究所 所長☆

☆☆ 助教(併任講師) 東 英子(ひがし えいこ) ☆☆


 

[戻る]