第1回「チタニアとその応用」に関する研究発表会

日時:2000年1月21日(金) 10:00〜17:00 (懇親会17:30〜19:00)
場所:福岡大学 セミナーハウス 2階 セミナー室A

講演要旨集 目次

1.金属ドープ透明チタニア(酸化チタン)の調製法
    福岡大学 中野勝之、大渕英子、橋村正之・・・・・・・・・・・・・1

2.透明酸化チタン溶液の脱水から得られた酸化チタン固体触媒のX線回折法、およびX線吸収法による構造解析
    福岡大学 脇田久伸、松尾修司・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9

3.ペルオキソチタン酸溶液とペルオキソ改質アナターゼゾルの合成とその特性
    佐賀県窯業技術センター 一ノ瀬弘道・・・・・・・・・・・・・・・・16

4.粘土/ペルオキソチタン酸溶液からのTiO2複合膜の製造
    佐賀大学 渡 孝則、的場恵美、鳥飼紀雄、今岡保郎
    佐電工 松田興史郎、加藤勝彦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23

5.高性能光触媒創製のためのTiO2系複合超微粒子の粒子径と表面構造の制御
    九州大学 多湖輝興、岸田昌浩、若林勝彦・・・・・・・・・・・・29

6.乳酸菌ファージPL-1の光触媒性酸化チタン膜による不活性化作用
    福岡大学 渡邉健治、柿田ゆかり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36

7.酸化チタンによる内分泌撹乱物質の光分解
    北九州市環境科学研究所 谷崎定二、竹富 眞、橋本昭雄、江口征夫、鈴木学
    熊本県立大学 篠原亮太   福岡大学 中野勝之・・・・・・42

8.水溶性有機塩素化物の流通系光触媒分解装置の開発
    佐賀大学 吉塚和治、森裕一朗
    佐電工 松田興史郎、橋間秀樹
    九州カイロン 力石尚正・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・49

9.並列型光触媒反応器のホルムアルデヒド分解への適用
    九州工業大学 白石文秀・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・56